レベル42で最強のモテ男モテ女 大企業が教えてくれた恋愛戦略: デルタモデル×恋愛戦術

彼氏・彼女が欲しい方必見!戦略的に彼氏・彼女の作り方をお教えする恋愛バイブルです。

アップルやアマゾンで有名な企業戦略フレームワーク「デルタモデル」をアレンジした恋愛戦略

つまるところ、会社は誰のためにあるのでしょうか? 株主のため? それとも従業員のため? はたまた顧客のため? 社長のためでしょうか?

聞く相手によって答えはいろいろでしょうが、株主も従業員も顧客も社長も、みんなみんな人です。どんな大きな会社であっても、人の役に立つため、人に必要とされるため、人に愛されるために企業努力をしていることに変わりありません。つまり恋愛と一緒です。

MIT(マサチューセッツ工科大学)のスローン教授によって提唱された企業戦略フレームワーク「デルタモデル」は、「製品・サービス」「顧客」「運営・推進するための土台」といった3つの柱の一つずつに焦点を当てながら戦略的な方向性を変えていきます。

本書では、「製品・サービス」「顧客」「運営・推進するための土台」3つの柱を「あなたの特技・役割」「友人」「居場所」という3つの柱に変換して恋人をつくる方法をご紹介します。

ビジネスでは恋愛では
製品・サービス 対 ライバル企業の製品・サービスあなたの特技・役割 対 あなたの周りにいる知人それぞれの特技・役割
企業 対 顧客あなた自身 対 友人
事業の運営・推進するための土台(システム)

補完事業者
(自社の運営に足りていない点を補ってくれる会社)
あなたの居場所 対 他の居場所

ゴールがはっきりしていてわかりやすい

ビジネスでは恋愛では
第1章のゴール
ベスト・プロダクト戦略
顧客を増やす友達を増やす
第2章のゴール
トータル・カスタマー・ソリューション戦略
顧客との絆構築友達との絆構築
第3章のゴール
システム・ロックイン戦略
システム全体の絆構築居場所全体の絆構築
第4章のゴール利益の獲得ありがとうの言葉
恋人をつくる

本書は第1章から第4章で構成されており、それぞれのゴールがはっきりしていてわかりやすいところが特徴です。

ゴールに至るまでの道のり、ゴールへの道のりを迷わず進めるような目標等筋道もご紹介していますが、ゴールがはっきりしているので、あなたが思いついた方法でアレンジすることもできます。

ゴールさえ見失わなければ、ゴールに至るまでの道筋・手段は、本書がご紹介する方法にこだわる必要がないのです。

努力するための目標も明確でわかりやすい

ビジネスでは恋愛では
第1章の目標費用、時間、肉体、頭脳、精神的コストの削減
製品・サービスの差別化
①特に精神的コストの削減
あなたの特技・役割の差別化
第2章の目標①顧客体験の再定義
②水平方向への拡大
③顧客活動の引き受け
①友人の体験価値の再定義
②「友人の会話のサポート」以外の特技をつくる
③友人との共同作業
第3章の目標①業界標準の確立
②顧客の仲介
③競合の締め出し
①居場所を増やす
②友人と友人、居場所と居場所の仲介
③自分の役割を一部任せる
第4章の目標①連絡先を聞く
②デートする
③告白する

例えば第1章については、最終の目的地・ゴールは「友達を増やす」ことです。「友達を増やす」という言葉だけなら簡単ですが、友達をつくる具体的な方法がわかりません。具体的に何をすればいいのか、それを一言で表現した言葉が目標です。

ゴールを達成するための道のりがわかりませんので、迷わず達成できるように道しるべとして目標が存在します。

具体的には、「①精神的コストの削減」と「②あなたの特技・役割(友人の会話のサポート)の差別化」を努力して継続していれば友達が増えていきます。

「友人の会話のサポートは私の特技ではないんだけど!」と言わずに、「友人の会話のサポート」を特技にする努力をしてください。「友人の会話のサポート」は、人間に欠かすことのできないスキルです。その方法もしっかりご紹介していきます。

第2章、第3章、第4章もそれぞれ具体的な目標が設定されていますので、第2章、第3章、第4章それぞれのゴールに、迷うことなく到達できると思います。

本書を読んで、実践していくとレベル42で最強のモテ男モテ女に至る

レベル42までしっかり身に着けて、スマートに実践できるようになれば、あなたは最強のモテ男モテ女間違いなしです。最強という言葉は決して過言ではなく、ちょっとした化け物のようになるでしょう。会社の社長になったってうまくやっていけることでしょう。

つまり、レベル42まですべてできるようになる必要はありません。基礎というか、土台というか、第1章からの積み重ねなので、第1章ができていないと、第2章と第3章を活かすことができません。

ですから第1章をまじめにやっている人であれば、第1章の途中時点で恋人ができていてもおかしくありません。第1章から第3章までは、第1章→第2章→第3章の順番に学んでほしいですが、第4章だけは、第1章の後に学び、実践してもらっても構いません。第2章を学び、実践した後から第4章を学ぶのがおすすめです。

一部ご紹介

  • マイナス評価からゼロにする方法
  • 何を言ってもポジティブに評価される方法
  • 安心して話しかけてもらう方法
  • あなたというブランド力を上げる方法
  • さりげなく他の人よりおしゃれな評価をもらう方法
  • 話しかけやすく明るい印象になる方法
  • あなたとの会話を相手に楽しんでもらう方法
  • 話題の入手方法
  • 余裕をつくる方法
  • 友人ひとりひとりの興味・趣味・好き・不満・悩み・苦しみをプラスに再定義する方法
  • 問題解決の方法
  • 勉強の方法
  • 居場所を増やす方法
  • リーダーの姿勢や注意点
  • 連絡先の聴き方
  • デートの誘い方
  • おすすめのデートスポット
  • 告白の条件

以上のような内容を『レベル42で最強のモテ男モテ女 大企業が教えてくれた恋愛戦略: デルタモデル×恋愛戦術』にてご紹介しています。

目次

  • 【レベル1】マイナス評価からゼロに コミュニケーションのスタートが清潔感
  • 【レベル2】姿勢[肉体的]を正すと周りの見る目が変わる
  • 【レベル3】姿勢[精神的]を正すと周りに安心感を与える
  • 【レベル4】表情術を鍛えると周りからの好感度が上がる
  • 【レベル5-1】プチプラでおしゃれに見せるファッションお買い物の方法・コツ
  • 【レベル5-2】通販でも失敗なし!おしゃれ見えする服サイズの選び方
  • 【レベル6】着こなし方を覚えて着やせ効果とあか抜け感を狙う
  • 【レベル7】あなたというブランド力を上げる靴の選び方
  • 【レベル8】あなたというブランド力を上げるバッグの選び方
  • 【レベル9】あなたというブランド力を上げる財布の選び方
  • 【レベル10】メリハリある抜け感を演出するメガネの選び方
  • 【レベル11】さらに差別化&個性を引き出せるおすすめの小物と選び方
  • 【レベル12】声のトーンで好印象に変える話し方・コツ
  • 【レベル13】コミュニケーションの減点を減らす
  • 【レベル14】男だけでなく女も紳士的にふるまうとモテる
  • 【レベル15】会話のキャッチボールを続ける方法・コツ
  • 【レベル16】初めてでも安心! 美容院にて清潔感を仕上げる
  • 【レベル17】人の生活時間に合わせたネタを入手して会話を広げる
  • 【レベル18】日常の出来事を楽しく変える序破急トークテクニック
  • 【レベル19】友人の「興味・趣味・好き・不満・悩み・苦しみ」に真摯に向き合う
  • 【レベル20】お金で買えない! 友人・恋人になるために必要な信頼と絆について学ぶ
  • 【レベル21】余裕をつくると、人を惹きつけ、特技(ほだし)も増やしやすい
  • 【レベル22】友人の体験価値の再定義を行うために大企業からヒントを得る
  • 【レベル23】適度に相手の名前を呼ぶだけでも友人の体験価値を上げられる
  • 【レベル24】お礼の「ありがとう」は友人の体験価値を上げる魔法の言葉
  • 【レベル25】素直に褒めると友人の体験価値を上がる
  • 【レベル26】美味しいお菓子とコーヒー・紅茶が体験価値を上げ胃袋をつかむ
  • 【レベル27】飲食店に行くときには胃袋だけでなく心もつかむ
  • 【レベル28】友人をいじるともっと楽しく嬉しくなる
  • 【レベル29】問題解決能力が高いと人に頼られる
  • 【レベル30】頭のいい人は男女ともに人に好かれて信頼される
  • 【レベル31】勉強の勉強 勉強の方法・コツとおすすめのジャンル
  • 【レベル32】増える友人との付き合いに備えたファッションアイテムを揃える
  • 【レベル33】モテる手料理で確実に胃袋をつかむ
  • 【レベル34】一緒に作業することで友人との絆を深める
  • 【レベル35】居場所が多い人ほど好感度高い
  • 【レベル36】リードする者の姿勢と注意
  • 【レベル37】居場所と居場所の接点を増やして絆をつくる
  • 【レベル38】自分の仕事・役割の一部を教えて分身する
  • 【レベル39】連絡先の聴き方
  • 【レベル40】デートの誘い方
  • 【レベル41】重要な2回目のデートの恐怖
  • 【レベル42】心理学的にも特別視される3回目のデートの告白