モテる性格に変える方法・余裕の作り方

性格とは

性格とは、先天的な気質と後天的な影響とによる、その人の感情や意志のことをいいます。後天的な影響はさらに狭義の性格(人格)・習慣的(社会的)性格・役割性格と3つの層に分かれるので、気質と合わせて性格は、4つの要素で構成されていることになります。

気質(=生まれつきで変わらない性格)

親切、お人好し、温和、明るい、怒りっぽい、神経質、堅い、生真面目、泣き虫、静か、几帳面、回りくどい、執着的といった生まれつきの性格の部分。

生まれながらの性質なので気質を変えることはできません。しかし、狭義の性格(人格)・習慣的(社会的)性格・役割性格といった後天的な影響によって補うことが可能です。

狭義の性格(=人格/養育者が形成)

ほぼ100%養育者(親御さんなど)によって形成される性格。つまり、気質同様、本人であるあなたに責任がありません。幼少期までに形成されてしまうので気質と同じく幼少期を過ぎてから変えることが難しい部分です。

しかし習慣的(社会的)性格・役割性格といったより後に受ける影響によって補うことができますので、大人になってからの責任は当然、親御さんではなくご自身の責任となります。

習慣的(社会的)性格(=自分の意志で変えることのできる性格)

日常の、様々な人々との交流や経験が蓄積されることによって形成されていく性格。ゲームと同じように経験値稼ぎが重要で、なぜ、なにを、いつ、どこで、だれと、どのように、どのくらい行うのかが鍵となります。

自分の意志でどうにでも改善できる部分になります。つまり生活環境を変えれば、気質と狭義の性格を補い、心と生活に余裕のある人間(モテる人間)へとレベルアップが可能です。

役割性格(=ペルソナ/自分の強い意志で変えることのできる性格)

家庭、友人、職場といったそれぞれの集団の中で適応するため、状況によって瞬時に変えることのできる性格。それこそ仮面(ペルソナ)を付け替えるように瞬時に集団における自分の役割を演じ分けます。

例えば職場ではキビキビ働く仕事人、娘の前では笑顔の絶えないお母さん、旦那の前でだけ甘えんぼうな女性になるといったように社会的役割によって変わる表面的な性格になります。

余裕とは

余裕とはゆとりのこと。今のことだけでなく、先を予測して未来のことも行っておくと時間が余るので、余裕が生まれます。余裕の「余」は「あまり」のこと。余裕の「裕」はゆとり、ゆたか、ひろいという意味。対義語は以下の通りです。

  • 切迫:重大な事態が近づいた緊張状態
  • 必死:命がけで全力を尽くしている状態
  • 逼迫:行き詰っている状態
  • 焦り:イライラしたり、落ち着きをなくしたりしている状態
  • 急迫:切羽詰まる状態

切迫、必至、逼迫、焦り、急迫した状態の人を見ると、不思議と近寄りがたく、できる限り避けようとします。好意的な感情が生まれないのです。場の空気も凍り付きます。

一生懸命に頑張っている人に対しては、むしろ好意的に見ることができるのに、必死さが過ぎると好感が持てなくなります。”馬鹿と天才は紙一重”と言われますが、一生懸命さと必死さも紙一重で、その微妙な差が、相手に対する好感度を左右させます。つまり、余裕のない頑張りは好感度を下げるのです。

余裕がある人はなぜ人にモテるのかその理由

悪い生活スタイルを続けると性格がすさむのでモテない

  • 朝7時起床
  • SNSをチェック
  • LINEにて友人に返信
  • 歯磨き
  • 着替え
  • 朝食
  • 化粧やヘアセット
  • 八時に家を出る
  • 車で25分後会社に到着
  • 8時半から就業開始(就業時間8時30分から17時30分)

空想の人物Aくんの生活スタイルです。車で25分の距離に、Aくんが勤める会社があります。出勤は30分前と割とギリギリ。つまりAくんは車の運転中、ゆっくり前を走る車に対して比較的イライラしがちになります。時と場合によっては、前の車を煽ってしまうこともあるでしょう。

ちんたら走る前の車にイライラはしましたが、Aくんは出勤時間にぎりぎり間に合いました。仕事前にトイレを済ませておこうと思い、トイレに向かいました。するとトイレが混んでいて、すでに準備万端の他の社員が会話していて、また更にイライラしました。Aくんはイライラする気持ちでいっぱいになり、自然と舌打ちしてしまったのです。

Aくん個人の習慣、つまり生き方は自由です。毎朝時間ギリギリに出勤することも、もちろんAくんの自由です。Aくんには、30分前に出勤する自由と、1時間前に出勤する自由があります。それにもかかわらず30分前に出勤するという、時間ギリギリの生活を選択しているのです。

生活環境や生活スタイルを変えるだけでも人に好かれる

Aくんには、出勤時間に余裕をつくる選択肢が用意されていますので、起床時間を30分早めることにしてみました。つまり、いつもより30分早く出勤できるようになります。

いつもより30分早く出勤しているので、時間だけでなく、心にも余裕が生まれます。つまり、ゆっくり安全な運転ができます。ちんたら走る前の車にイライラすることがなくなりました。むしろ、自分の方が、後ろの車にあおられる側になりました。しかしAくんには心に余裕があるので、煽られたってイライラしません。

就業開始前にトイレに行きました。30分早く到着していたので、トイレに人がいませんでした。トイレでもゆっくりできたのです。働くエリアに戻ってみると数人の仕事仲間がいました。挨拶してみると、初めは早く出勤していることに驚いていましたが、ニコニコ笑顔で受け答えしてくれました。

あなたなら、朝7時の起床と朝6時半の起床、どちらを選択したいですか? 同じ会社で働く社員(仲間)から見たあなたは、朝7時に起床するあなたと、朝6時半に起床するあなたと、どちらのあなたの方が話しやすいと感じるのでしょうか?

起床時間をたった30分早めるだけで世界はあっさり変わります。朝7時に起床するあなたと、朝6時半に起床するあなたは同じ人のはずなのに、周りの人はきっと、あなたを別人だと思ってしまうことでしょう。間に余裕をつくるという行為は、あなたの心に大きな余裕をもたらします。

時間や心に余裕が生まれると何ができるようになるのか

人の話をたくさん聞ける=聞き上手になれる

時間や心に余裕のない人は人の話を聞きません。というか聞けません。例えば朝ぎりぎりに出勤してくる人は、他の社員が「仕事が始まる前に相談したい」と思っていても、そもそもあなたがいないので相談できません。

心に余裕がないと、相手を優先して、相手の話をたくさん聞いてあげたいという気持ちになれません。むしろ「私の話を聴いて!」っていう状態になります。つまり、時間という物理的にも、心という精神的にも、相手を優先させる余裕がない人間はモテません。一方、時間にも心にも余裕がある人は、相手を優先させ、相手の話をたくさん聞いてあげることができるのでモテます。

周りの人を元気にできる

時間や心に余裕のない人は先を予測して対処できません。いつも何かに追われていて、それにしか目を向けられません。暗い雰囲気を醸し出すので近寄りがたく、その周りにいる人にも暗い影響を与えます。自分の悩みだけで心がいっぱいなので、下を向いてため息ばかりつくことになります。

一方、時間や心に余裕のある人はいつでも笑顔でいられます。つまり、周りの人も元気にさせます。笑顔が増えると自然と周りに人が集まります。いわゆるモテる人間です。

人に譲ったり許すことができる

時間や心に余裕のない人は自分のことで精いっぱい。つまり人に譲ることなんてできません。人がミスしたり、過ちを犯したときに許すこともできません。人のミスや過ちといった不幸は蜜の味。ここぞとばかりにたたきまくります。わかりやすい悪を見つけると、攻撃する言い訳ができるので、自分のストレス発散のために使ってしまうのです。そこに正義はありません。

一方、時間や心に余裕のある人は「なぜそのミスや過ちが発生したのか」と俯瞰してみる余裕があります。ミスや過ちの原因が、弱くて力のないたった一人の存在なわけがないことに、気がつくことのできる心の余裕があるのです。人に譲ったり許した数だけ自分が得する未来を考えることも可能。感情をコントロールして、人のミスや過ちに対処したりサポートしたり、ミスが減るよう努力することができるのです。

目標を掲げられる

時間や心に余裕のない人は先を予測できません。今目の前のことでいっぱいいっぱいなので未来を見ることができないのです。ですから目標がありません。あっても見失っています。目の前のことしか見えていないのです。目標が見えないと、よく見える他人ばかりが目に付くので、他人と自分を比べるようになります。自分が劣っていると感じると、その相手を攻撃しだします。

一方、時間と心に余裕がある人は、未来の成長した自分、つまり目標をしっかり見据えることができます。現在の自分と他人を見比べるのではなく、現在の自分と理想(未来)の自分を比べて、その差を埋める努力ができるのです。

徐々に経済的な豊かさが向上する

時間や心に余裕のない人は先を予測した行動をしないので、時間が経過すればするほど余裕がなくなります。今目の前のことだけをどうにかこうにかやっているので、先細っていき、どんどん余裕がなくなります。例えば風邪をひくなどして、いつもと同じ量の仕事ができなくなると、さらに余裕がなくなり悪循環に陥ります。

一方、時間や心に余裕のある人は「人は体調を崩す弱い生物であり、常に最大のパフォーマンスを発揮できるとは限らない」と理解しています。体調不良で休む未来を予測したうえで、1日の仕事量を決定します。つまい、周りに認められやすく出世しやすいのです。

モテる性格に変える方法・余裕の作り方

いつもより2時間早く起きる

いつも時間ギリギリに起きている方は2時間早く起きます。1時間余裕に起きている人であれば、さらに1時間早く起きます。2時間もの余裕があれば、その時間に様々なことができます。

お休みの日も同じ時間に起きるようにしてください。つくった2時間で、これからご紹介する美容と健康、そして心の余裕をつくる時間に当てることになります。

朝・昼・夜 3食しっかり食べる

食事の回数が2回以下だと空腹状態で食事をすることになります。すると体が勝手に血糖値を上昇させて太らせようとします。またエネルギーを枯渇させないように1回の食事量を増やそうとします。太りやすくなるのです。

太っている人は確実にモテませんので(痩せすぎてもモテない)3食必須です。また朝食を摂取すると疲れにくくなって集中力が持続します。学校や仕事で良い成績を残しやすい体調づくりができるので、モテるサイクルが出来上がっていきます。

イングリッシュブレックファーストで心に余裕をつくる

イングリッシュブレックファーストとはイギリス風の朝食のこと。紅茶・コーヒーなどの飲み物とソーセージ、卵、トマトなどを盛り合わせたセットが一般的です。たんぱく質やビタミンがバランスよく接種できるのであれば、厳密にソーセージ、卵、トマトにこだわる必要はありません。今回重要視しているおすすめポイントは紅茶またはコーヒーになります。

贅沢は「無駄を楽しめる余裕」がなければできません。卵が先か、鶏が先か。余裕が先か紅茶・コーヒーという贅沢が先か。余裕がなくても紅茶・コーヒーを楽しんでいれば、時間と心に余裕は生まれます。

栄養摂取を目的としない、香味や刺激を得るための飲料品、いわゆる嗜好品である紅茶・コーヒーは、つくる時間も含めて無駄が多いので心を豊かにしてくれます。「豊」の対義語は「凶」。悪い心持ちから遠ざけるのです。

紅茶・コーヒーを入れる際に使う無駄な時間をあえて楽しみます。無駄な時間も楽しめるようにしておくと、人とのコミュニケーションでプラスに働きます。あなたにとって無駄だと思う時間を、無駄だと思っていない人がたくさんいるからです。

紅茶は茶葉から。ティーポットは2,000円以下で購入できます。ティーポットに、ティースプーン約2杯分の茶葉を入れます。次に、沸騰直後のお湯300mlを高い位置から注ぎいれます。蓋をして2分から4分蒸らしてからカップに注いで召し上がります。

コーヒーは、コーヒー豆を挽くところからが理想ですがコーヒーミル等、紅茶よりも多くの器材が必要ですし、紅茶より時間がかかってしまうので、初めのうちは粉から始めてみましょう。コーヒードリッパーも2,000円以下で購入可能です。

コーヒーフィルターに粉コーヒーを、ティースプーン山盛り3杯から4杯分入れます。粉コーヒーを湿らす程度、少量のお湯を入れて30秒程度蒸らします。その後合計約140mlのお湯を、4対2対1の割合、3回に分けて注ぎ入れます。

茶葉から入れる紅茶も、粉コーヒーも、ティーパックやインスタントコーヒーでは味わうことのできない、芳醇な香りと本格的な味を楽しめます。ペットボトルや缶などに比べると段違い。朝なので牛乳と半々くらいにして混ぜて飲むのがおすすめです。

毎朝5分、動的ストレッチする

ストレッチを行うと血流が良くなり、筋トレ同様に痩せやすい体になります。免疫力も上がります。筋トレ前に動的ストレッチを行えば怪我の予防にもなります。頻度は毎朝5分。肩甲骨回し、わき腹伸ばし、脚回し、前屈を行いましょう。

  • 肩甲骨回し:手を肩にのせたまま背筋を伸ばし、肘を肩から回す
  • わき腹伸ばし:手を組んで真上に伸ばし、腰を固定したまま左右に曲げる
  • 脚回し:立った姿勢のまま膝を上げ、股関節を回す(壁に手を付けておくと安定します)
  • 前屈:立った状態から、膝を曲げずに、腰から状態を前に倒す

週2回(朝)、5分筋トレする

筋肉が増えると代謝が上がり、消費カロリーが増加するので痩せやすくなります。体は引き締まり、メリハリのあるボディに仕上がるので、男性だけでなく女性にも筋トレが必要です。

頻度は週2回でOK。腹筋、腕立て、プランク、スクワットをそれぞれ、10から15回を一セットとして3セット行います。5分もあれば終わりますので時間的にはさほど問題にはなりません。

毎朝30分から1時間歩いて通勤・通学する

ウォーキングは体にたまった皮下脂肪や内臓脂肪を燃やしてくれます。血行が良くなるので冷え性やむくみを改善できます。長時間日光を浴びることになるのでビタミンDが形成されますし、リラックス効果も高く、生活習慣病を予防できます。

通勤と通学に自転車や車、電車、バスなどの乗り物を使っている方は全員徒歩に変えましょう。会社・学校までの距離が近い方は30分から1時間徒歩できるよう遠回りするルートを考えてください。

学校・職場まで徒歩1時間以上かかる距離が遠い方は、2駅から3駅分歩いて、残りはバスや電車を使うといったように工夫します。車で通勤しなければならない方は通勤前にウォーキングして、その後に出勤するといった形を取ります。

許されるなら、30分前には学校・職場に到着しておく

学校・職場に早く到着しておくと、まだ人が少ないので、友人や同僚とゆっくりお話しする機会に恵まれます。友人や同僚が朝早めに来てどう過ごしているのかを知ることもできます。友人に何かあった際には手助けも可能。いなければ何もできません。

あなたの心に余裕もできますし、電車やバス、車をご利用の方は混雑を避けることができ、ストレスも減少します。

会社によっては、早めの出勤を禁止しているところもありますが、許される範囲内で早く、できるなら30分くらい早く到着しておくと余裕が生まれます。

朝と夜は必ず化粧水とベビーオイル

すでに毎日化粧水や乳液等で保湿を怠らない方は読み飛ばしてください。お肌が荒れていると、実際は汚くないにもかかわらず不潔に見え、だらしなく見え、老けて見えます。髪の毛や爪が傷んでいる場合も同様です。

そこで登場するのが化粧水とベビーオイル。お肌のお手入れをしていない人は、これを機会に習慣化させてください。朝の洗顔後、お風呂あがり、さらに寝る前と毎日3回化粧水&ベビーオイルで保湿しましょう。

ベビーオイルは安いだけでなく、デリケートな赤ちゃんの肌用に作られているので安心。しかもベビーオイル一つで、顔、髪、頭、体、手と全身に塗っても大丈夫なのでコスパ良いだけでなく汎用性も抜群。使う順番は化粧水が先、ベビーオイルが後になります。

毎晩寝る前に、5分静的ストレッチを行う

動的ストレッチと異なり静的ストレッチは、寝る前に行うと疲れが取れやすくなり睡眠が深くなります。肩こり・腰痛の改善もできます。

  • 首:首を左に倒して30秒キープ 右に倒して30秒キープ
  • 肩:両肩を上げて30秒キープ
  • 肩甲骨:背中側で手を組んで肘を伸ばし、胸を開いた状態で30秒キープ
  • 腹筋:うつぶせの状態から腕だけを立て、しゃちほこのような体制で30秒キープ
  • 広背筋:正座した状態で腰から上体を前に倒し、腕を伸ばして、胸を床に近づけ背中をそって30秒キープ
  • お尻:仰向けの状態で片膝だけ曲げ、反対側の脚に倒して腰をひねって30秒キープ
  • 太腿前:片足だけ正座、もう片方の足を延ばした状態でゆっくりと上体を後ろに倒して30秒キープ
  • 太腿裏:仰向けの状態から片方の足を上げ足の裏を天井に、両手で上げた足のふくらはぎあたりをつかんで足の裏を伸ばして30秒キープ
  • 股関節・脚の裏:両足を大きく開いて上体を前に倒し30秒キープ

毎晩寝る前に白湯を飲む

夜眠る前に白湯を飲むと、身体が温まり副交感神経の働きで、リラックス状態で眠りにつきやすくなります。作り方はカンタン。お湯を沸かして冷ますだけ。

静的ストレッチ前にお湯を沸かし、ストレッチ中に冷やしておくと良いと思います。白湯は50度くらいの熱さのお湯のことです。

自分にとって最適な睡眠時間を把握する

最長8時間を目途に、日中眠気で困らない睡眠時間を把握します。目安は疲労が蓄積していない、風邪をひきやすくなっていない、日中眠気に困らないかどうか。

ただし最適な睡眠時間は年齢や季節によっても変わるので、その辺も考慮して睡眠時間の変化にも対応させておきましょう。

8時間以上の長時間睡眠は推奨しません。健康を損なうリスクがあるからです。皆さんそれぞれ個人差があるものの、おおよそ6時間から8時間くらいが最適な睡眠時間になると思います。

長時間SNSをチェックしている方は読書に変える

承認欲求を満たしたい人たちのSNSをチェックする時間があるのなら、その時間を読書の時間に変えましょう。SNSは流し読みが可能です。サラーっとスワイプしてたまたま目にした面白そうなタイトルをクリックしてまた次へ行く。一つの何かにじっくり向き合うことはしません。

ですから浅い情報だけが頭に残ってあなた自身は成長しません。いいとか悪いとか、面白いとかつまらないとか、評論家のように評価しているだけ。浅い情報が乱雑に蓄積されているので、情報に振り回されて失敗する人も少なくありません。

一方、読書は腰を据えて「さあ読もう!」といったように著者にじっくりと向き合うことになります。本の世界を追体験した感覚に陥るわけです。自分の体験ではないのに、短い時間で自分の体験にできてしまいます。ですから人生が豊かになります。自分とは異なる、著者の価値観や考え方を心から考えることになります。

著者にじっくりと向き合うことと友人に向き合うことは似ていますので、他者の価値観を受容する訓練にもなります。読む内容によっては知識としてインプットでき、アウトプットして練習すればあなたの技術にもなります。

休日は情報さ風習のための雑誌を読む

休日には雑誌を読みましょう。見るのではなく読みます。雑誌の情報は、友人や恋人との会話のネタにもなります。

友人・恋人の”興味・好き”を知っているのであれば、友人・恋人の”興味・好き”に関連する雑誌も読みましょう。友人・恋人との距離が近づきます。友人・恋人の”興味・好き”以外でおすすめの雑誌は、以下のページを参考にしてみてください。