おしゃれ見えするファッション・カラーコーデの方法・色の組み合わせ黄金比

おしゃれに見せるファッションカラーコーデは3色の組み合わせ

一般的にカラーコーディネートは「3色」が最もバランスがよいとされています。ファッションだけでなくインテリアも同じ。ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの3色で構成されます。

ベースカラー

ベースカラーは背景の役割。全体の70%と最も広い範囲を彩るので、カラーコーディネート全体の印象を決めます。つまり、明るい色を選ぶと明るい印象に、暗い色を選ぶとクールな印象に仕上がります。

毎日見ても飽きない、どんな色とも合わせやすい色が採用されるので、白、ベージュ、グレー、茶色、黒、ネイビー、カーキの7種類から選ばれます。

インテリアコーディネートにおいては、床、壁、天井がベースカラーです。

アソートカラー(メインカラー)

アソートカラーはベースカラーを補助する役割です。全体の25%と2番目に広い範囲を彩ります。

選ばれる色は主に、ベースカラーと同系色・類似色。アクセントカラーの間を取り持つため、ベースカラーとアクセントカラーの中間色が選ばれる場合もあります。

インテリアコーディネートにおいては、大きめの家具やカーペット、カーテンなどがアソートカラーです。

アクセントカラー

アクセントカラーは主役の色。注目してほしいポイントに使う色です。全体の5%とほんの少し範囲を彩るので、奇抜な色を選んでも問題ありません。ただし売っているファッションアイテムの色には不人気のものもあるので、茶色、黒、ネイビー、カーキ、黄色、赤、ピンク、オレンジがおすすめ。この8色であれば人気があるので選択肢豊富です。

カラーコーディネート全体を引き締める役割を持つので、ベースカラーとアソートカラーが淡い色合いの場合には、アクセントカラーには濃い色から選ぶようにします。変化をつける色なので、基本的にはベースカラーやアソートカラーの反対色から選ばれます。

インテリアコーディネートにおいては、雑貨やクッションなどがアクセントカラーです。