バッグ・靴・小物のカラーはアクセントカラーがおすすめ

服はアクセントカラーにできない

モテない男・女のファッション・カラーコーデは白・ベージュ・グレーがおすすめ』にてご紹介したとおり、服の色はトップスだろうとボトムスだろうとアウターだろうと、ホワイト、ベージュ、グレーをおすすめしています。

ベージュとグレーはベースカラーとして、ホワイトはアソートカラーとして。理由は面積が大きいからです。

パンツもトップスも、面積が大きいのでアクセントカラーには出来ません。例えばベースカラーにベージュ、アソートカラーにホワイト、アクセントカラーにレッドを選んでいたとします。パンツとアウターがベージュ、シャツがホワイト、ネクタイと靴にレッドを選んだら、ベージュ約70%、ホワイト約25%、アクセントカラー5%に仕上げることができます。

ベースカラー・70%
・ベージュまたはグレーがおすすめ
アソートカラー・25%
・ホワイトがおすすめ
アクセントカラー・5%
・茶色、黒、ネイビー、カーキ、黄色
 赤、ピンク、オレンジ
 8色のうちどれか1色がおすすめ

しかし服に赤を選んでしまうと、パンツもトップスも面積が大きいので、アクセントカラーにするつもりの赤が、ベースカラーまたはアソートカラーとして機能してしまうのです。

服は個性がなくてもプチプラでオッケー

モテない男・女のファッション・カラーコーデは白・ベージュ・グレーがおすすめ』にてご紹介したとおり、服を買うならプチプラがおすすめです。

理由は、安くてもデザインや質に大きな差がなくなってきているからです。つまり、周りの人と同じような服を着ることになるので個性がありません。しかし服に関してはそれでオッケーです。

アクセントカラーは5%と面積が小さく、注目してほしいファッションアイテムに使います。一方ベースカラーとアソートカラーは背景色です。つまり背景色であるが故、あまり注目されることがないのでプチプラで問題ないのです。

バッグ・靴・小物は小さいから適切に個性を演出できる

服は面積が大きいのでアクセントカラーにできません。シンプルなデザインであればあるほどアクセントカラーには出来ません。ホワイトのシャツで、襟や袖だけ色が違うといったデザインのように、アクセントに2色目が適度にあしらわれて服を選ぶ必要があるのです。

一方バッグ、靴、ファッション小物であれば面積が小さいので、単色であってもアクセントカラーにできます(大きいバッグの場合は注意)。

バッグ、靴、ファッション小物にアクセントカラーを選ぶと、最も注目をひくファッションアイテムになるので、プチプラではなく、それなりにしっかりしたブランドの製品がおすすめです。

バッグ、靴、ファッション小物であれば、面積を約5%に抑えることが可能です。つまりバッグ、靴、ファッション小物は、アクセントカラーから選ぶことで、適切に個性を演出できるということです。

アクセントカラーは濃い目立つ色がおすすめ

アクセントカラーとは、カラーコーディネートの黄金比3色のうち5%を占める、もっとも範囲の狭い色のことです。つまり、靴やネクタイ、ベルト、バッグなどのファッション雑貨の色をアクセントカラーにするということになります。

アクセントカラーはたった5%の割合なので、あなたが好きな色の中から目立つ色を選んでも問題ありません。なぜならあなたの印象はベースカラーが演出しているからです。

ベージュかグレーを選んでいるので、清潔感あって明るい印象を演出しています。ですからアクセントカラーに派手なピンク色を選んでも、ベージュかグレーの清潔感あって明るい印象が先行します。派手だとは思われないのです。

ただしアクセントカラーには濃い有彩色をおすすめします。ベージュ、グレー、ホワイトは全体的に薄い印象の色。薄い色に薄い色を合わせてしまうとアクセントになりませんしカラーコーデとしてぼやけてしまうからです。またグレー、ホワイトが無彩色なので有彩色から選ぶとよいでしょう。

おすすめは茶色、黒、ネイビー、カーキ、黄色、赤、ピンク、オレンジ、8色のうちどれか1色です。理由は、人気ある色なので選択肢に困らないからです。

もちろん紫が好きな人は紫でもオッケー。ですがおすすめの8色に比べて選択肢が少ないことにだけ注意が必要です。

またアクセントカラーはTPOや気分に合わせて気軽に変えてもいい色です。ですから1色とは言わずに2色選んで、TPOや気分に合わせて、今日はベージュ・ホワイト・赤、明日はベージュ・ホワイト・ネイビーといったようにしてもオッケーです。