あか抜け感を演出するファッションの着こなし方

トップスはVネックまたはUネックを着るとあか抜けて見える

Tシャツ・カットソー、カーディガン、ニット・セーター等、トップスのネックラインにはいくつかの形があります。

もっとも有名かつ多い形がクルーネックです。丸首型のネックラインでユニクロにも多いタイプで、多くの方がクルーネックのトップスを着ています。

しかしおすすめはVネックまたはUネックです。あか抜けて見えるからです。デコルテ(首筋から肩まわり、胸元)が広く露出されるので、着痩せ感とあか抜け感が演出されます。

 袖まくりするだけであか抜けて見える

長袖のトップスを着ているときは袖を2~3回まくります。夏であれば長ズボンのすそも2~3回まくってもいいと思います。

たったそれだけであか抜けて見えます。手首、足首が露出するので、着痩せ感とあか抜け感が演出されるのです。

あか抜けて見える理由はコントラスト効果

「スイカに塩」がコントラスト高価です。コントラスト効果(対比効果)とは、正反対の性質をもつ二つのものが、互いの性質を強化し合う作用のことです。

袖をめくると、その部分だけ太くなります。つまり手首、手足がより細く見えるのです。VネックまたはUネックを着ると、デコルテ(首筋から肩まわり、胸元)が広く露出されるので、その分首が細く見えるのです。